130707【映画】武士の家計簿

前に見ていたけど、ブログに書いていなかったので、今日書く。

今年のNHK大河ドラマは「八重の桜」。幕末が舞台だ。
だから幕末好きとしては見ずにいられない。

見れば歴史に思いを馳せる。
本屋で「幕末入門」中村彰彦(中公文庫)、「歴史の愉しみ方」磯田道史(中公新書)を買った。

読んでみると、磯田さんは「武士の家計簿」の著者であった。

というわけで、映画「武士の家計簿」を見てみようと思った。


堺雅人、仲間由紀恵が主演。
何を勘違いしていたのか、コメディだと思っていたので、ちょっとびっくり。
親子3代にわたる家族の物語で、人情味にあふれ、ときに笑い、ときに泣かせる人間ドラマだった。
監督は森田芳光さんであった。

大人な映画だなあ。
もっと軽快なコメディタッチでもよかったかなあ。「間宮兄弟」のような。
「歴史ってこんなに面白いんだぜ!」ってティーンエイジャーに訴えかけるような。
“家計簿”って時点で無理かな。
武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]
松竹
2011-06-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック