130414【映画】十三人の刺客

伊勢谷さんが演じる小弥太が出てくる、というところで色々な解釈があるようだ。

三池監督の作品はあまり見ていないので、勘違いしていたようだ。そういったハッキリしない部分を残して「あとは観客の想像におまかせする」という手法をとる監督だとは思っていなかった。(今作だけってこともあるか)

何かのインタビューで「映画を見ない映画監督」と言っていたのだが。
ラストシーンでも肝心の「男が帰って来た」ところは映さない。なんだか妙に映画っぽい。

勝手に「ダイハード」な監督を意識していたので、カーブで打ち取られたような気分であった。


十三人の刺客 通常版 [DVD]
東宝
2011-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十三人の刺客 通常版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック