100309 【映画】悪魔の沼

「悪魔のいけにえ」でおなじみのトビー・フーパー監督作品。これが二作目?

とにかく意味不明。恐怖とは理解を超えたところにある、という感じ。

子連れの夫婦のダンナはある意味、殺人鬼よりイカれていたなあ。なんでなのか意味不明だけど。

あと女の人が部屋でくつろぐときなぜか服を脱いで裸になる。そのあと悲鳴に気づいて再び服を着て部屋を出ていくんだけど、あのシーン必要なのか~?

ラストは「悪魔はいけにえ」よろしくワーギャーウォーとなって何だかよく分からないうちに終わる。

さすがトビー・フーパー。こうしてみると、同じ監督でもスペースバンパイアは真っ当な作品なんだなあと思う。俺はスペース~のほうが好きだけどね。

※「悪魔のいけにえ」でもそうだったけど、殺人鬼が殺しをしたとき「やべっ、やっちゃった」という困惑した表情を見せたり、気分がハイになって笑ってしまったりする演出はこの監督独特のものだと思う。躁鬱というか、かなり不安定な心情を描いている。
悪魔の沼 デラックス・エディション [DVD]
デックスエンタテインメント
2007-04-20

ユーザレビュー:
このキチGUYぶりは ...
観るだけ損昔からこの ...
4度目にようやく完走 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"100309 【映画】悪魔の沼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント